同時接続数 オンラインゲーム

同時接続数 オンラインゲーム

上司の面目が丸つぶれだ

「すみません

理解しました

雇い主であるベンノさんの体面というか、面子に傷を付ける行為だったんですね

これから気を付けます」 わたしが理解と反省をしたことで、ベンノは何度か頷いた後、姿勢を正した

「では、これからは商談だ

あなたも好きかも:オンラインカジノ ゆっくり
髪に艶を出す液の作り方と交換で、紙作りに必要な材料を調達してやろう」「え? 紙作りって、見習いになるための試験ですよね? 調達してもらっちゃっていいんですか?」 全部自分で揃えてこその試験だと思っていた

ベンノが材料を調達してくれるなら、紙を作るのはずいぶんと楽になる

「道具がなくて作れないのでは、実力を測れないし、先行投資もなしに新しい事業が始められるわけがない

あなたも好きかも:ブラックジャック 若い
だが、建前上はまだ無関係のヤツにただで援助することもできない

あなたも好きかも:スロット 機械割 嘘
借金には担保がいるが、担保になるものがないだろう?」 当たり前だが、貧乏人の子供であるわたしとルッツに担保になるようなものがあるわけがない

「情報は後から返せる物じゃないので、担保にはなりませんよね?」「だから、この場合は借金ではなく、売買とする

俺が作り方を買う

代わりに、紙を作るために必要な物は全て準備してやる

……悪い取引ではないだろう?」「確かに悪い取引ではないです」 道具作りを依頼したり、原料を仕入れるために条件を付けたりすることで、紙の作り方の情報漏えいにも繋がるけれど、鍋一つ準備できないわたしはこの援助は喉から手が出るほど欲しい

「ルッツはどう思う?」 隣に座ったまま無言で話を聞いていたルッツに声をかけた

紙作りは二人の共同作業だ