龍が如く3 カジノ

龍が如く3 カジノ

「これじゃあ出世出来ないよなぁ……

担任になってみたいけど、生徒たちに言うことを聞いてもらえないなんて、教師としては失格だよなぁ……

どうにか出来ないものなのか、ホントに考えちゃうよ……」 情けなく呟き項垂れる姿に、二人は顔を見合わせ、糸原に目を戻した

「つまり、生徒たちに言うことを聞いて欲しいってコトッスか?」 立花に訝しげに問われ、糸原は「うん」と頷いて顔をしかめた

「あれ? 安藤さん、そう言ってなかった?」「いえ

その件です」 と、反町がすかさず笑顔で頷く

あなたも好きかも:jre ルーレット
 糸原は首を傾げたが、背後からパタパタッと休憩に入った生徒たちが駆け寄って来る気配に気付いて振り返った

あなたも好きかも:オンラインカジノ 送金
「いとやん、奉仕屋になにか依頼でも出したのっ?」 生徒たちが興味津々に糸原の周りを囲む

悪戯な笑顔の彼らに糸原は息を吐いた

「こら、いとやんじゃなくて糸原先生だろ」「いいじゃん」「奉仕屋の人たちの前だからって、カッコつけようとしてんだぜー」 「そうじゃないって」と、糸原は馬鹿にする生徒たちを苦笑して見回した

あなたも好きかも:同人タイトル スロット
「ほら、迷惑になるから休憩はあっちでして」「なになにっ? なんの依頼出したのっ?」「どんなことっ?」「そうじゃないって」「いとやん、隠し事すると後片付け一人でやらせるぞー?」「手伝ってやンないぞー?」「罰として、あとでアイスねー」「わ、わかったから……」 賑やかな生徒たちに囲まれながら戸惑い苦笑して宥める糸原に、反町と立花は顔を見合わせた

生徒たちの中には女子部員もいる

彼女たちも楽しそうに男子部員と一緒に糸原を囲み、話しをしている――

 立花は反町の腕を引っ張り、少しそこから離れると軽く腰を曲げた

「……勝則の言うとおり、悪さしそうなヤツじゃねぇよな……」「……

だね」 と、反町は軽く返事をし、笑顔で生徒たちの相手をする糸原を目で追った

「まあ……表向きは、ね」 意味ありげな言葉に立花が少し顔をしかめると、生徒の一人がそんな二人に近寄って来た

「で、いとやんの依頼って何っ?」 「こらこらっ」と糸原は慌てて首根っこ掴むが、そんな彼の手はすぐに叩き払われる

見下された様子に反町は苦笑した