コードギアス スロット cc 撤去

コードギアス スロット cc 撤去

オルレアンの南東55.6キロ)周辺に駐屯し訓練中だった仏第15軍団の第1師団は、命令によりジアンに進み、8日、西進命令を受けてシャトー=シュル=ロアール(同東23.9キロ)へ進みました

あなたも好きかも:キャプテン翼 スロット
翌9日朝に師団はアルトネ方面への北上を命令され行軍を開始しますが、間もなく西側オルレアンの方角から砲声が聞き取れたためトライヌー(オルレアンの北東16.8キロ)で西に行軍方向を転換すると、その前衛は午後6時、オルレアン市の北東郊外に達し、慎重に市街地へ侵入すると既にB軍の姿は無く、夜に掛けてオルレアンは仏ロアール軍に奪還されました

あなたも好きかも:パチスロ 犬夜叉 設置 店
 仏ロアール軍司令官ドーレル・ドゥ・パラディーヌ中将は9日、「クルミエの戦い」の後、撤退した独軍が援軍を引き連れて翌朝には逆襲に転じるのではないか、と考え、クルミエ周辺の陣地に対し夜間に防御工事を行わせました

翌10日黎明時には偵察隊として1個騎兵連隊を北方に向かわせますが、この仏軍騎兵たちはサン=ペラヴィー付近でちょうどアルトネに向けて出発しようとしていたB軍の弾薬縦列を発見し、襲撃してその兵員を捕虜とし弾薬を載せた車輌類を拿捕する手柄を立てます

 この縦列では輜重兵83名、馬匹110頭、弾薬馬車21輌、予備の砲2門が仏軍の手に落ち、乗馬していた縦列長と下士官1名のみが脱出しアルトネで味方に迎えられたのです

 また、最も南からアルトネへ夜間行軍を行ったB親衛(ライブ)連隊の兵士74名も行軍中に疲労のため脱落し、仏軍の捕虜となっています

B軍の弾薬縦列を拿捕する仏ロアール軍騎兵 ドーレル将軍はこれらの情報と斥候偵察からの報告により「オルレアン周辺の独軍は全て退却した」との確証を得ましたが、メッスを包囲していた独の「カール親王軍」が「こちら」に向かっているとの情報もあり、それがB軍を中心とする「独オルレアン軍」と合同してしまうと厄介ではありましたが、ここで性急に追撃すればこの独カール軍にフォンテーヌブローの大森林方面から側撃される可能性もあったため断念しました

 ドーレル将軍は第15軍団の1個旅団にオルレアン市を守備させることとして、残りの仏第15、第16軍団総力で市街北方に一大防衛線を敷くことにします

 この「オルレアン防衛線」はオルレアン北郊・パリへの大街道(現・国道D2020号線)両側に第一線が敷かれ、オルレアン大森林の北方となるヌーヴィロー=ボワ(アルトネの東13.1キロ)からシュヴィイ(同南5.9キロ)にかけて仏第15軍団の第1師団(マルティン・デ・パリエール少将指揮)を配置、セルコット(シュヴィイの南4.6キロ

あなたも好きかも:楓 スロット 曲
オルレアンからは北へ9.5キロ)とジディ(セルコットの西3.4キロ)に同軍団の第2師団(マルティノー・デ・シェネ少将指揮)を置きます

 更にその左翼(西)のブレ(=レ=バール)付近からサン=ペラヴィー(=ラ=コロンブ)までのシャトーダン街道(現・国道D955号線)沿いに仏第16軍団の主力(ジョーレギベリ師団とバリー師団)を置き、その後方ビュシー=サン=リファール(クルミエの東7.5キロ)からクルミエまでのオルム街道(現・国道D2157号線)沿いには第15軍団の第3師団(ペタヴァン少将指揮)を置いて第二線とし、騎兵連隊の大部分はトゥルノワジ(サン=ペラヴィーの西5.2キロ)周辺に集合して軍左翼端(北西側)を警戒するのでした

 仏軍砲兵の行軍 ドーレル将軍らロアール軍首脳の心配を余所に仏国防政府トゥール派遣部やロアール沿岸の一般民衆の喜びは大変なものでした

 オルレアンに入城した仏第15軍団将兵は文字通りの「歓呼の渦」に巻き込まれ、ドーレル将軍が視察に訪れると、興奮は最高潮に達します

 この市民の喜び様はロアール軍の将兵に誇りと高揚を与え、敗北の予感に暗かった表情は自信と根からの陽気さに輝き出します

 これはトゥールでも同様で、派遣部も民衆も「これで攻守が逆転しパリ解放も現実味が増した」と大喜びしました

特にこの戦いを「主導」し「強要」したガンベタとフレシネたちは有頂天で、自身の勝ち気な判断が弱気な軍人たちより「優れていた」と信じてしまうのです

 ガンベタは得意の演説をぶち上げ喝采を浴びます

「希望の光がやって来た

今こそロアール軍はパリへの道を辿るだろう