パチンコ 信長の野望 天下創世

パチンコ 信長の野望 天下創世

何かを言いたいが、呼吸が乱れて息苦しくて、口を開けばしゃっくりしか出てこない

 反町は俯いて涙を拭う優樹の腕を撫でると、少し目を逸らしているみんなを見回した

「……それじゃ

……あとはよろしく」 力強い笑顔で切り出され、みんなは彼を見て微笑み頷いた

「……ああ」「来年、帰ってきたときたくさん遊ぼうね」「待ってますよ」「ちゃんと帰ってこなあかんぞ」 名残惜しさを前面に出す彼らに反町は笑顔で頷くと、再び優樹に目を戻し、腕を撫で、頭を撫でた

「……またな、優樹」 優しい声で告げられ、優樹は口を手で覆って息を詰まらせながらもなんとかがんばって「……うん、……うん」と数回頷いた

あなたも好きかも:パチスロ 輸送
だが、俯いた顔を上げられない

あなたも好きかも:スロット 蒼穹のファフナー2 フリーズ
生美はそこに近寄ると、反町と代わるように腕を伸ばし優樹の肩を抱いた

反町もそれに任せて優樹からそっと手を離す

 そして……「……じゃ」 笑顔でみんなを見回し、背を向け歩いていく

その背中を途中まで追い掛けて手を振った

「がんばれよーっ」「早く連絡してこいよなーっ!」 口々に声を掛けるみんなを時々振り返りながら、笑顔で手を振る

あなたも好きかも:スロット 神台 5号機
 優樹は「っ……」と顔を歪め、大粒の涙を零しながら目の前を見た

――だが、彼はすでに搭乗口の壁の向こう

姿を探してもどこにもいない……

 ボー然としていた優樹は再び顔を歪めると、「うっ……、っく……」と口を手で覆って啜り泣き出した

 ――笑顔で見送れなかった