花 の 慶次 パチンコ 曲

花 の 慶次 パチンコ 曲

これこそ、彼女の弟弟子にあたる小百合があのような戦いを好むきっかけにもなったと言えるだろう

勝利こそ全て

自分の目的とするもののためにそれ以外を削ぎ落した戦い方だ

「ビーたちはすでに待機しているでしょうか・・・?」「あいつなら問題ない

バズについていけるだけの実力はあるようだった

私が思っているよりもずっとあいつは優秀なようだな」奏の想定では幸彦が先に到着し、しばらくしてからその後を追うように康太が待機場所に到着すると思っていた

あなたも好きかも:1 番 パチンコ
だが先ほど分かれて移動しだしたところを見ている限り、康太は幸彦の速度についていけているようだった

もっともそれが幸彦がある程度康太に気を使って速度を落としているからなのか、単純に康太が幸彦についていけるだけの実力を持っているだけなのかはわからない

あなたも好きかも:三重 パチンコ オールナイト コロナ
だが奏の目に映る康太の姿は一見すればいっぱしの魔術師のように見えた

自分と比較するのは少々康太にとってつらいかもしれないが、自分の横に立っていても問題なく思える程度には

「ビーは本当に今年の二月から魔術師になったのか?まったくそうとは思えんが・・・」「間違いありませんよ

師匠もビーもそう言っていました」「そうか・・・それにしては実戦的な魔術を随分と覚えているようだが・・・」普通の魔術師はまず暗示や記憶操作といった一般人に対しての魔術を習う

そうすることで万が一にも魔術の存在を露呈しないようにするためだ

だが康太はそれらを後回しにして魔術を修得している

一応個人的に暗示の魔術を練習してはいるものの、師匠である小百合から教わった魔術は実戦的なものばかりだ

それ故に他の魔術師に比べれば戦闘能力の上昇というところだけを見ればだいぶ早いだろう

それこそ天才的に見える程に