殿堂 スロット

殿堂 スロット

しかしここで、悲しい事故が起きた

「……………アルテアさん?」か弱い人間が毛玉妖精の妨害を切り抜けたというのに、よりにもよってアルテアが固まってしまっていたのだ

それはつまり、ステップを踏み間違えて戻り雪の領域に落とされるということを意味していた

「じ、事故ってしまわないで下さい!!………むぎゃ?!」「………っ、」アルテアに掴まれたまま、危うく巻き込まれて垂直落ちを余儀なくされかけたネアを救ってくれたのは、すぐ隣で踊っていた男性であった

あなたも好きかも:ブルーレイ ゲーム機
「………危ない!」諸共戻り雪落ちしかけたところで手を伸ばしてくれ、ネアの腰に手をかけてひょいっと上に引っ張り上げてくれる

アルテアはらしくなく呆然としていたのか、ばりっと手を引き剥がされて驚愕の眼差しで落ちて行った

「…………ほわ」ばくばくした胸を押さえてネアが振り返ると、滲むような星空の瞳がこちらを見ていた

あなたも好きかも:今日のご飯 ルーレット
透明度が高く光を集める灰色の瞳には、困ったような優しい苦笑が浮かんでいる

あなたも好きかも:ポケモン ランダム ルーレット
「大丈夫だったか?」「シェダーさん!…………ほぎゅ、アルテアさんが死んでしまいました」そこにいたのは、純白事件の時にネアを助けてくれた、灰色の髪の魔物だった

彼のことは勝手に信用しているのでと、ぱっと目を輝かせて安堵に微笑んだネアに、困ったような優しい微笑みを返してくれる

「さすがに死んではいないのではないか?俺の同伴者も、今の綿毛の精の割り込みに驚いて下に落ちてしまった

……今の騒ぎで十人程落ちたようだから、みんなで力を合わせて早めに戻ってくるだろう

…………だが、困ったな

君はこの会場に、他に頼れそうな知り合いはいるか?」「ダナエさん……春闇の竜さんがお知り合いなのですが、まだ見当たらないのです」「ああ、あの竜なら君を預けても安心だ

だが、…………スリジエもいることだし、それまでは俺が一緒にいよう」「まぁ、宜しいんですか?………そのお相手の方は………」微かな躊躇いにも似た気配をシェダーから感じたネアがへにょりと眉を下げると、シェダーは優しく目を細めて小さく笑う