ぱちんこ ファン感謝デー

ぱちんこ ファン感謝デー

『まるで気を使うようにして、こうやって姿を具現化してまで現してくれたということは……

あなたも好きかも:島根 スロット イベント
私はどうやら結構強引な手段でもって、闇の精霊と短時間で交渉して、会得してしまったという事なんだろうな』賢者の闇の精霊との関わりで最後に記憶に残っているのは、自分の大切な執事を取り込もうとする際に、踏みつけては、押し返す

ある意味、喧嘩越しの対応をしたものしかない

一方の精霊の方とは言えば、感覚や概念が人とは違うところもあるといっても、"先程"の強引で残忍にも感じる方法で屈服にされた事

―――具現化した所を賢者の血によって無理矢理姿を固定されて、蛇の形をした首をくびり落とされた恐怖はしっかりと記憶しているので、態度は殊勝としたものとなる

そんな事を微塵も覚えていないピーンは、闇の精霊の素直すぎる態度に多少戸惑ったが、直ぐにでも反応してくれるのはありがたかったので、早速尋ねる

あなたも好きかも:フェスティバルゲート パチンコ
『それでは、私が会得した術を教えてもらおうか』相変わらず切り替えの早すぎる賢者は、人ならば戸惑いを覚えるような調子で闇の精霊に朗らかな笑顔で尋ねた

呼吸を整えて、眼を閉じて精霊術に適応するように僅かに残った魔力を使ってピーンは、閉じたままで"視界"を切り替える

加えて"闇"だけを迎えいれるようにして、確りと自分達を知覚してくれる賢者に闇の精霊は囁くようにして、身に付けた術の種類を教えてくれた

《人ノ心ノ内ヲ覗キミル

貴方ガ我ラヲ使役シテ会得シタ術(スベ)

深淵二シテ困難ナモノ、タダ1ツノミ》片言の"人の言葉"を使いながら、精霊なりに懸命に伝えてくれた術の内容を聞く