大王製紙 息子

大王製紙 息子

 魔法名を口にして、完成を急がせる

「――魔法《ウッド・ユミルキングダム》」 正直、『体術』の確認は、先ほどの演舞だけでは不安だ

他にも魔法との相性を考えて、植物を色々と作り直さないといけない

 決闘に向けて新たな種を用意したいし、木々に術式の書き込みを頼んでいた『彼女』にも相談したいことがある

あなたも好きかも:花の慶次 戦極めし傾奇者の宴 スロット
 まだまだやることはたくさんだ

 頭の中で計画を組み立てながら、自分は敵の確認も行う

あなたも好きかも:バカラ ナチュラル 確率
「――魔法《ツリーズ・コンタクト》」 庭にある『白桜(ピエリス・アイシア)』から地面にまで魔力を通し、遠方にある別の『白桜(ピエリス・アイシア)』まで、魔法の感覚を伸ばしていく

 遠くにいる決闘相手、始祖渦波の動向を探る

 もう彼の魔力は覚えた

この一年で各国に植林を促した『白桜(ピエリス・アイシア)』がある限り、よっぽどの辺境にいない限りは捕捉できる

 目を瞑り、大陸の南にある強大な魔力を二つ感じる

 次元属性の魔力と風属性の魔力――間違いなく、始祖と魔王