a-slot 偽物語 スロット

a-slot 偽物語 スロット

寝首を掻かれるぞ」 馬鹿げた男の方は、取りあえず私が懲らしめるとするか

 御剣君が受付から去ったところで、受付の女の子が戻って来た

 どうも私達に気を遣ったのではなく、御剣君を避けていたらしい

「お知り合いですか、御剣君と」「まあ、一応」「怖いですよね、あの子」「まあね」「格好良いですけど」 思わす咳き込みそうになり、慌てて鼻を押さえる

 すごい事聞いたな、今

「か、格好良い?」「悪くはないでしょ」 比較的肯定的な意見を述べるサトミ

 確かに悪くはないけど、格好良いって表現するタイプかな

「人気あるの、あの子って」「それは勿論」 少し赤い顔で答える女の子

 私達がいない間に、とんでもない話だな

それは何も関係ないんだけどさ

あなたも好きかも:パチスロ アプリ 北斗 の 拳
「ふーん

へー」「良いじゃない

あなたも好きかも:ぽろり パチスロ
どうでも」「良いけどさ