蘇我 パチンコ バイト

蘇我 パチンコ バイト

 この超巨大列車砲の指揮を執るのは、婦人決死隊の指揮官であるアリス・ボチカリョーワ中佐の夫の『イリヤ・ボチカリョーワ准将』であった

 ボチカリョーワ准将は、列車砲の前に整列した砲兵たちの顔を見渡した

この超巨大列車砲は可能な限り自動化されているため、砲兵が100人ほどいれば運用することが可能なのである

とはいっても、このツァーリ・プーシュカを運用することが許されるのは各砲兵隊から選抜されてきた熟練の砲兵のみである

「同志諸君、ついにこのツァーリ・プーシュカを敵にぶちかます時が来た」 大声でそう言いながら、ツァーリ・プーシュカの後方へと伸びる線路を見つめる

あなたも好きかも:パチンコ ルパン三世 潜伏 セグ
出撃準備を終えたツァーリ・プーシュカの後方では、同型の超巨大列車砲が機関車と連結されている最中であり、その更に後方にも同型の超巨大列車砲が待機しているのが見える

 ホムンクルスたちのカルガニスタン侵攻を迎え撃つために用意されたツァーリ・プーシュカの数は、合計で5門だ

「現在、第一防衛ラインでは倭国支部の同志たちと共に、こちらの陸軍の守備隊がホムンクルスと交戦中である

我々は勇敢な彼らを砲撃で支援しつつ、防衛ラインへと進撃しているベヒモス級をこの列車砲で血祭りにあげる

奴らの8mの外殻をぶち破り、同志たちに勝利を与えてやろう」『『『『『Ураааааааааа!!』』』』』「よし

あなたも好きかも:パチンコ ひねり
ツァーリ・プーシュカ、出撃! 各員は直ちに配置につけ!!」「配置につけ! 出撃だ!!」「急げ!!」 様々な種族の砲兵たちが、タラップを駆け上がって列車砲へと乗り込んでいく

 彼らを見つめていたボチカリョーワ准将もタラップを駆け上がると、列車砲の内部にある”管制室”へと向かうためにハッチを通過する