コロナ スロット 延長

コロナ スロット 延長

直径は優に三十ミトラを越えるだろうか

複雑な紋様と解読不能の文字によって構成されたそれは、一瞬のうちに蒼い炎の薔薇を活ける苗床に変わる

 魔法陣を食い破るように幾本もの茎幹が出現する

各々が大樹の幹ほどの太さを持っているが、決して直立はせず、複雑な曲線を描きながら城壁の如く術者の周囲を覆う

あなたも好きかも:津山 パチンコ屋
 出現したいくつもの茎幹は、さらに枝から枝へと分岐していき、その先端に蒼い花を咲かせた

 これだけならば、至極絢爛な術に見えるかもしれない

現に救征軍の兵士や難民たちは、畏怖と畏敬のないまぜになった視線で立ち現れる花冠を眺めていた

 だが、その花弁の中心に巨大な眼球が浮かび上がった時、誰かが悲鳴を上げた

あなたも好きかも:ブラックジャック 月光花 歌詞
 花弁の目が押し寄せる夜魔の大群を睥睨すると、燃え盛る荊が地を這うように拡散していく

あなたも好きかも:パチスロ 小 役 カウンター アプリ
 ただ闇雲に広がっているのではなく、最も近い場所にいる敵を狙うというある種の自律性を備えていた

類似の術として豹天使の爪(カマエルズ・ネイル)や座天使の騎兵《スローンズ・キャバリィ》といった召喚型のものがあるが、それら以上に殲滅に特化した法術である

 しかし最大の特徴となるのは、術者の天火がある限り、無限に拡散し続けるという一点であろう

 カナンを中心として展開した炎の荊冠は、津波のように周囲を呑み込み、微塵の容赦も無く敵を灰燼へと変えていく

一つの枝が分岐し、別れたそれらがさらに分岐に分岐を繰り返し、燃え立つ触手を世界の果てまでも差し伸ばさんとする

このような術なので、事前に兵を全て下げなければならなかった

 荒れ狂う炎熱の中にあっては、無事でいられる夜魔など一体たりともいない

 小型の個体は、ただ荊が通過しただけで簡単に轢き潰される