パチンコ エヴァ8 設置店

パチンコ エヴァ8 設置店

あなたも好きかも:パチンコ 賞 球
 優樹はムスッとふて腐れた

「勝手なマネなんかしてないもんっ

私はただっ」「ただ、なあに?」 隣りに座る生美の涼しい笑顔に、優樹はビクッと肩を震わしつつも、用意した校内新聞をテーブルに広げて置いた

「……学園祭の前に、後藤さんが試し刷りの新聞をくれたの

初めて手記した記事が載ってるんだって

……でもこの新聞、反町君が持ってた校内新聞とは内容が違ったの

同じ日の新聞だったのに……」 優樹は二種類の新聞を並べて、じっと見つめた

「反町君が言ってた

あなたも好きかも:ドラクエ11 スロット 裏技
後藤さんは、何かを伝えたかったんじゃないか、って

……だから、この二枚を見比べて、おかしいところを見つけなくちゃ」 みんな、身を乗り出して新聞の内容をザッと目で辿った

「……出だしの内容から違うんだな」 立花が訝しげに眉を寄せた

あなたも好きかも:パチンコ コンパニオン 画像
「かといって、たいした内容の記事じゃねえし……」「変なことは書いてなさそうよね」 生美は手を伸ばして新聞のページを捲ったが、ふと、その手を止めた

「ねえ優樹

これ、優樹の字?」 大きく捲って指差したそこ、新聞の端に手書きの文字が記されている

優樹は軽く身を乗り出して確認すると、顔をしかめつつ首を横に振った