ハッピー・エイプ

ハッピー・エイプ

」少し照れ臭そうにはにかんでから、常盤成美は御堂に振り返った

「一応、今日と明日はこの町にいられますので、最後まで応援させて頂きますね

」「う、うん

ありがとう成美ちゃん

宿泊は町の宿かい?もし良かったら僕達の部屋に来てくれても良いけど…

あなたも好きかも:ゴッズ・テンプル・デラックス
」「あ、いえ

ここの3階のお部屋をお借りしてますので大丈夫です

あなたも好きかも:オンラインゲーム 回線速度 おすすめ
それに…」「あ!私もいま~す!!」俺達の部屋に来れない理由を常盤成美が説明しようとしたところで、常盤成美の言葉を遮った森下が二人の会話に割って入ってきた

あなたも好きかも:デッドマン ワンダーランド スロット
「成美ちゃんのお部屋を借りて私も泊まってるんですよ~!」「…は?借りて…?」自信満々に宣言した森下の言葉に違和感を感じたんだろうか

森下を捕獲した鈴置が問い詰め始める

「ねえ?借りてってどういうこと?あんたまさか、成美ちゃんのお部屋にお邪魔してるんじゃないでしょうね!?」「え?あ、あは…はは…っ

ば、ばれちゃった…?」…おいおい

「ばれちゃった?じゃないわよ!!あんた年上のクセして成美ちゃんのお世話になってるんじゃないわよっ!!」「だ、だってしょうがないじゃないっ

宿を手配しようと思ったらすでにどこも一杯だって言われちゃったし

魔術師ギルドにも聞いてみたけど、魔術大会の間は各町から人が集まるから貸し出せる部屋が足りないって言われちゃったし

」…それはまあ、そうだろうな