スロット 目 押し 不要 機種

スロット 目 押し 不要 機種

「じゃぁ、あっちの背の高いお兄さん……いや、やっぱりリーダがいいな」「ダメ! ハロルド早くこいつをやっつけて!」 ノアが必死な声をあげた

「ハロルド?」 その言葉を聞いて、ミランダが怪訝そうな声を上げた

「久しぶりでござるな」 そこで初めてハロルドはこちらに近づいてくる

「げぇ! ハロルド!」 ミランダが心底驚いた声を上げて、後ろに大きく下がった

ノアは、リーダがミランダに取られてしまうのではないかと必死です

ミランダがハロルドの登場に驚き、遠ざかった

 本当にハロルドは苦手なのか

 でも、彼女の態度から、ハロルドへの恐怖を感じない

あなたも好きかも:スロット人気
 妙に芝居がかっている

あなたも好きかも:スロット 万枚達成率
 ハロルドの出現があってなお、まだまだ余裕な様子だ

 余裕というより、おちゃらけた態度というべきか

「本当に、久しぶりでござる」 剣を構え、ハロルドはミランダの方に近づく、そしてオレ達をチラリと見やり言葉を発する

「ここは拙者に任せてくだされ」 自信満々なハロルドの様子に、特に何も言わず頷く

「ハロルド、お前、呪いは?」「ハッハッハッハッ! 呪いなど、姫様に解いて貰ったわ」「姫様?」「ノアサリーナ様でござるよ」「へー、ふーん」 ハロルドの言葉を聞いて、ミランダはノアをチラリと見た