ボンバー パワフル スロット

ボンバー パワフル スロット

一度休憩と栄養補給しようということでようやく踊りを止めたマイカと共に、隣の食堂へと向かい軽食を食べて、そしてまたスタジオへと戻り延々と一時間ほど演奏しても、まだセイは納得せずに怖い顔で腕を組んで考え始めた

あなたも好きかも:悪魔城ドラキュラ スロット ゾーン
俺たちは一度防音室へと戻る

あんなに真面目に頭を使って、大丈夫かなあいつ……と他人事の様にガラス越しに眺めていると子供たちが近寄ってきて「父さん、あのさ、またちょっと俺たちを 気にしすぎてると思うんだ」「そうですよ

父上、我々を気にせずに弾いてください」ハルも無言で頷いた

あなたも好きかも:エクスプロディアック
扉を開けてマイカが機材室へと戻ってきて「……さっき……タカユキ様……本気……出したが ……飛ばなかった………だろ?……」耳元に囁いてくる

確かにそうだ

一度我を忘れるほど弾き狂ったが、今回は別世界に飛んでは行かなかった

「……私が……踊って……防護……してる……気にせず…… ……全力だせ……」「お、おい、まさかずっと、俺を守ってたのか?」マイカはコクリと頷くとまた防音室へと入っていって、舞うように踊り始めた

てっきりダンスしたいだけかと思っていたがそ、そうか、よく考えるとサイキョウでのライブもマイカが俺の近くを行ったり来たりしてたなもしかしてあの時も……

驚くのと同時に腹が決まった

これ以上、マイカに迷惑もかけられない

あなたも好きかも:スプラトゥーン スロット 揃える
次で終わらせる