ハイフリパチンコ

ハイフリパチンコ

ただ、理知的で穏やかな、一般的に良い方だとは思います

ガヴィさんやウォルターさん、イーザさんのように、良い方だなと思える頼もしい方がいらっしゃる場所はとても安定するのを知っているので、そういう竜さんが氷竜さんの中にいれば、この方達は安定するだろうなと思いました」「…………君は、この竜は飼おうとしていないね?」「あらあら、心配性ですねぇ」飼いたいのはこの竜ではないので、ネアは微笑んで頷いた

あなたも好きかも:gf スロット 設定
魔物はほっとしたようだが、ご主人様が目をつけているのは温室の中でひしゃげている、何だか格好良かった記憶の騎士団長の方なのだ

あなたも好きかも:スロット クソメーカー
しかしながら、この反応を見ているとやはり竜はとても嫌そうなので、餌付けでもしておいて、時折お庭に遊びに来てもらうくらいの半野生の仲良し具合で留めるべきかもしれない

ご飯をあげる楽しみと、定期的に訪れてくれるという部分が満たされれば、異世界ものらしく竜を飼ってみたいという欲求は満たされるだろうか

(もしくは、一度くらい背中に乗せてお空を飛んでくれたら、ディノも気に入ってしまうかも?)そんなことを考えながら温室の扉を開けると、若干斜めになって壁に頭をつけて項垂れている竜にそうっと近付いた

リーシュには外で待っていて貰い、まずはこの土地の住人として、不法侵入者にどうしたのかと声をかける作戦である

あなたも好きかも:オンラインゲーム カーレース
勿論ディノが一緒なのだが、困ったことに騎士団長ともあろう者がこちらの気配に反応するでもなく、何やらぶつぶつと呟いている

「……………俺は、とげとげしていないと駄目なのだろうか」(……………え)ネアは、ぞっとして青ざめると、魔物の方を振り返った

ディノにもその呟きが聞こえてしまったのか、目を瞠って困ったようにネアを見下ろしている

血の気が引いて申し訳なさに崩れ落ちそうになり、ネアは己の心無い言葉を心から反省した

どうやらこの竜を傷付けたのは、ネアの言葉であったらしい

(異世界らしい想像通りの氷竜がいなかったことに、失望し過ぎてしまった………)途端にこれはネアに責任のある重大な事件に早変わりし、自らの失言に落ち込んだ人間は、慌てて項垂れたままでいる氷竜の背中をそっとノックしてみた

「…………リーシュ、そっとしておいてくれ、俺は………もう……………」悲しげにちらりとこちらを見た瞳が、無言で大きく見開かれる