サハラ・ナイツ

サハラ・ナイツ

 朦朧とした意識の中から這い出した僕は、震える口を開いて最期の言の葉を紡ぐ

「…………これで、終わりだと……思うか?」 予想外の言葉に能面のようなジューリアの表情が、僅かに崩れる

「汝は死ぬ

そは覆すべからぬうつつなり」「そうだ、な

ぐっ……だが、これで終わりじゃない

僕が、死んでも、終わりには、ならない

お前ら、ミント正教会の闇は、いつか必ず、誰かが、暴く」 ――身体の中でギアが切り替わったような不思議な感覚がした

あなたも好きかも:楽天 スーパー セール スロット
 火事場の馬鹿力とも違う、得体の知れない力が僕の身体を支配する

 焼けるほどの熱が身体の中から迸る

あなたも好きかも:オンラインゲーム 刀剣乱舞
冷たくなり掛けていた身体に熱が戻る

あなたも好きかも:ブラックジャック 間黒男
 きっと、どう転んでも僕は死ぬだろう

死を覚悟したことによって、僕は僕の中にある全てのリミッターを外すことができたのだから

 これは、たった一度だけの力