ウィールオブフォーチュン

ウィールオブフォーチュン

泊まりかな」 干し肉を囓りながら扉を見る

 夜も更け、すでに深夜

 お菓子の品評会は既に終わり、晩酌タイムだ

 リスティネルと同僚達だけで、のんびりとノアを待つ

あなたも好きかも:押し順 スロット
「ノアが戻ってきた! なんだか変だ!」 泊まりなら連絡くらい欲しいな

 丁度、そんなことを考えていた時、モペアが部屋へと駆け込んできた

「変?」 焦った様子のモペアを見て、ただ事ではないと感じ、外へと向かいながらモペアに聞き返す

「ブラウニー達と一緒に戻ってきた

カガミがブラウニーに抱え上げられてる」 どういう状況だ?「ちょっと、どうしたのカガミ!」 一足先に表にでたミズキの非難するような声が聞こえる

 酔っているのか、顔を赤らめて足取りのおぼつかないカガミが、ノアに手を引っ張られるように家へと向かってきていた

「だいじょ~ぶ

少しだけ……飲み過ぎただけ

あなたも好きかも:サクラ大戦3 スロット 甘い
ナセルディオ様も、酒をたしなむ其方は美しいって言われたんだよお」「だからって、ノアノアほっぽって飲むって」「んふふ

ノアちゃんなら~大丈夫、しっかりしてるんだからあ

それより、ナセルディオ様の所にもどらないと、ノアちゃんが邪魔するからあ」 何度もカガミはノアの手を振りほどこうとするが、その度に、ノアはカガミの手を掴みなおしていた

よく見るとノアは目に涙を浮かべて、泣くのを我慢するように口をつぐんでいる

「妙じゃ、妙じゃ」「いつものカガミ様じゃないわい」 ブラウニー共も異常事態をそろって口にする

 皆が心配そうに、カガミを見上げていた

「プレイン、水!」 肩を抱くようにカガミを担いだミズキが大声をあげ、一緒に家へと入る