スロット サクラ大戦 熱き血潮に 天井

スロット サクラ大戦 熱き血潮に 天井

あなたも好きかも:スロット 設定入れやすい台
……すぐ終わるしな」 優しい声に、優樹は暗いコートの中で目を見開く

よし、……行くぞ……」 一平は何度も深く呼吸を繰り返していたが、腰を低くして優樹を抱え上げ、彼女の足が離れると深く息を吸い込み、ダンッ、と椅子を蹴り倒すと同時にドアから勢いよく外に向かって飛び出した

ドン!! と低い音が響くと同時にそこは木屑を散らして爆発し、離れていたみんなは「!!」と驚いて顔を逸らして飛んで来る木屑を腕で防いだ

あなたも好きかも:カジノオンライン
司祭も突然のことに驚いて「うあぁ!!」とその場に尻餅を付き頭を抱え込む

あなたも好きかも:m.2 ssd スロット
 パラパラと上から細かい欠片が降り、火薬臭さを含めた煙が立ち込める中、達也に掴まれて身を逸らした反町は顔を上げるとすぐに懺悔室のあったところへ駆け寄った

「優樹!! 一平!!」 その声に、みんなも互いの無事を確認することなく慌てて向かう

反町は、邪魔な木屑を足で蹴り避けながら目を見開いた

「……一平!!」 背中に一杯の木屑をかぶり、一平がうつ伏せで倒れている――

 みんなで木屑を払い除けると、洋一が「くそっ……!」と一平の肩を掴み、抱き起こした

「一平!!」「……優樹!!」 一平の横、彼のコートの中から転がるように現れた優樹は目を閉じてぐったりとしている

反町がすぐに抱かえて外傷がないかを確かめた

「優樹!! しっかりしろ!!」「一平!! おい!! 一平!!」 洋一が戸惑いを露わに肩を揺さぶっていると、一平の眉が動いた

隣から覗いていた白川は「……動いた!!」と嬉しそうに笑顔を溢す

 反町は腕の中、意識の戻らない優樹の頬を軽く叩きながら必死の形相で「……優樹っ……!! ……優樹!!」と、何度も名を呼ぶ

 生美は困惑げに傍に座って反町を覗き込んだ

「救急車呼んだ方がいいんじゃないの!?」「……頭を打ったのかも知れない……っ」 焦る声に、洋一に抱えられていた一平は「……うっ」と顔を歪めながらうっすらと目を開けた

「……う……

……、……あ……」「大丈夫かっ?」「……、……ゆ……優樹、は……?」 洋一に心配げに支えられ、痛々しく顔を歪めながらも、反町に抱き支えられたまま目を閉じている優樹を見て眉を寄せた

「……、お、……おい……」 体を動かそうとして腕に痛みが走り、ガクッと崩れる