渋谷 摘発

渋谷 摘発

あなたも好きかも:スロット 星矢 期待値
出来ればいますぐにでも考助に会いに行けばわかるかも?」「あのお方に?」 ますますわけがわからずに首を傾げたソルだったが、それ以上はソルに対してなにかを言うことはなかった

 代わりに、ジャルはナナとユリのほうを見た

「ナナ、ユリ

わざわざ手間をかけさせてしまったわね

感謝するわ」「ワフ!」「お役に立てたこと、嬉しく存じます」 ジャルからの言葉に、ナナとユリは簡単に言葉を返した

あなたも好きかも:スロット 検定切れ 2018
 そして、それを聞いたジャルの姿が、徐々に透明感を増していった

「そろそろ時間切れのようね

次にこうして貴方たちの前に姿を見せられるのは、いつのことになるのかしらね」 ジャルは、最後にそれだけを言い残して、その場から完全に姿を消すのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ ジャルが姿を消すのを見送ったソルは、思わずその場にぺたりと尻餅をついた

あなたも好きかも:修羅の刻 スロット アプリ
 いままではどうにか体勢を整えようと取り繕うことができていたが、ジャルが消えて緊張感がなくなったお陰で、体中の力が抜けてしまっていた

「大丈夫かしら?」 そのソルの様子を見て、ユリが心配そうな顔でのぞき込んできた

 ナナは、珍しいことにソルの傍に近寄ってきて、その頬をぺろぺろとなめていた

「お恥ずかしいところをお見せして申し訳ありません

・・・・・・ですが、今しばらく時間を頂けませんか?」「勿論よ

好きなだけいるといいわ

しばらく誰も入ってこないように、言ってありますしね」「お気遣い感謝いたします」 固い返事をするソルに、ユリは首を左右に振った