ブラックジャック 若い

ブラックジャック 若い

「ただつるんで遊んでただけ

クラブ行ったりとか」「……もう会ってないんだろ?」「会ってないわよ

三年くらい」「……なんだよ

そいつ、おまえのこと狙ってンのか?」 更に不快げに問い詰めに掛かる洋一に、生美は少し吹き出し笑った

「暇してるだけよきっと」「だからって三年も会ってないのにメールして来るかよ」「そんなこと私に言われても知らないわよ

あっちが勝手にメールしてくるんだから」 苦笑しつつ宥めに掛かるが、洋一はムッとした顔で課題に目を移してペンを動かし出す

――そのまま言葉を発さない彼に生美は「ったく……」と情けなく笑った

あなたも好きかも:スロット一番出る機種
「なあに? 怒ったの?」「……うるせえっ」「何よ? やきもち?」「知るかっ」 いじけてしまったのか、フンッ、と、まったく顔を見合わさない洋一に生美は少し笑い、畳んでいた足を伸ばすとテーブルの下をくぐらせ爪先であぐらを掻いている彼の足をスーッと撫でた

あなたも好きかも:オンラインカジノ 最低入金額
「やきもち?」 試すような笑みを浮かべながら首を傾げて爪先で足を撫でる、そんな生美に洋一はじっとりと目を据わらせた

あなたも好きかも:麻雀格闘倶楽部 スロット 黄龍レベル
「ホントにただのダチなんだろうなっ?」「……そうじゃなかったら?」 いたずらに目を細めて訊くと、洋一は今までとは打って変わった真顔さで生美の足首を掴んだ

「マジでやめろよおまえ」 グッと掴んだ足首を離すことなく、真っ直ぐな目を向ける洋一に生美も表情を消した――

「そんなヤツ、拒否れよ

……前に遊んでた連れなんかいらねーだろ

もうガン無視しろ」 意見と言うよりも強制的だ

 不快さを通り越して怒りすら感じる気配に、生美は間を置いて苦笑した

「わかった