タワー・オブ・ピザ

タワー・オブ・ピザ

これが契約書だ

相場と詳細は、そこのスノウに聞いてくれ

あなたも好きかも:ブラックジャック 偽物
あんな風だが、こういうことには詳しい

不当な値段だったら、遠慮なく文句を言いに来てくれていい」「スノウが……? わかりました」 部屋の隅で寝転んでいるスノウに目を向ける

 そういったことはサブマスターであるパリンクロンかレイルさんに聞こうと思っていたが、どうやらスノウでも大丈夫のようだ

「そして、ここからが一番大事な話だ……」「大事な話、ですか?」「ああ

武器を作るのに一番大切なところが、まだ決まっていない」 僕は大方の話がついたと思っていたが、鍛冶師という本職の目から見て、一番大切とまで言わせるだけのものが決まってないらしい

「そ、それは一体?」「それは……デザインだ!」「は、はぁ……

デザインですか?」「ああ! 見た目こそっ、装飾こそっ、何よりも大事だ! 出来よりも、美しさ! 剣が美しければ、マスターの華麗な剣捌きも映えるだろう!?」 駄目だ、この人……

 真面目な人かと思ったが、流石は『エピックシーカー』専属の鍛冶師

 ろくな思考回路をしていなかった

あなたも好きかも:オンラインゲーム 魔法少女
「命を預ける武器ですよ? 見た目よりも、出来を重視してください」「命を預けるからこそさ! 命を散らす瞬間っ、鮮血が舞う中っ、持っていた剣が格好悪かったら、死んでも死に切れないだろう!? 英雄の死に様は、美しくあるべきだからね!」「いえ、死なないために武器がいるんです

死ぬときのことなんて考えてませんよ」 「それはいけない、マスター! 生きている間に為すことも重要だが、死に方はもっと重要なのだよ!?」「生きている間のほうが重要です

見た目はどうでもいいから、丈夫なやつを作ってください」「そんな殺生なっ! 格好良い剣士に格好良い剣を使ってもらうのが、俺の生きがいなのに!」「マスター命令です

丈夫さを重視して作ってください」「ははっ

残念だが、『エピックシーカー』でそれは通用しないよ

ここでは命令違反なんて日常茶飯事だからね!」 性に合わない命令までしたものの、アリバーズさんは逆らい続ける