目押しなし スロット

目押しなし スロット

最後に 今回は「どうしてもプロの小説家になりたい」について述べました

 「なにがなんでも小説家になる」 その執念が「紙の書籍」化を呼び込み、「プロの書き手(小説家)」の仲間入りを果たせるのです

あなたも好きかも:スロット 検定 方法
 「小説賞・新人賞」を授かるのでも小説投稿サイトで目立つのでもかまいません

自分の得意と思われる方法で目指すべきです

 たとえ受賞できなくても「紙の書籍」化のオファーが来なくても

それでも長編小説を書き続ける姿勢そのものを読み手や出版社レーベルにアピールしなければなりません

 そのためには「小説を書くのが大好きになる」べきです

 「何がなんでもプロの書き手(小説家)になる」という執念と対極に位置しますが、「小説を書くのが大好きになる」と長編小説を書き続けるのが苦でなくなります

 頭の中でつねに小説内世界を思い描いて、ふと思いついたとき、創作ノートに綴っていきましょう

 「小説を書く」のが好きになれば、勉強や仕事がどんなにつらくても、いつでも大好きな「小説を書く」で気分転換できるのです

あなたも好きかも:ルーレット 連敗 確率
ストレス発散のために「小説を書く」ところまでいけば一年中でも小説を書き続けられます

 「なにがなんでもプロの書き手(小説家)になる」執念と「小説を書くのが大好きになる」思いが合わされば怖いものなどありません

 もう誰に言われるでもなく、プロになるまで、いやプロになってからもずっと小説を書いていけますよ

意志を持った主人公は勝手に動く 小説家へのインタビューで創作の一端を知る方も増えてきましたね

 インターネットの時代は、あらゆる情報を蓄積し、大勢の読み手に開放されています

 そんな創作のインタビューで「主人公が勝手に動く」と答える書き手が多いと思いませんか

 自分の主人公は勝手に動いてくれないんだけど

主人公が勝手に動かなければプロの書き手にはなれないのか