ラスベガス スロット 日本

ラスベガス スロット 日本

「それは」「え、えと

ちょっと、壁にぶつけて」「壁に大穴が開いた

ああ、俺達は逃げたさ」 ようやく笑うケイ

 沙紀ちゃんは恥ずかしそうに、その拳を太股の間に入れた

 きっとケイと同じくらいに、彼女も怒りに打ち震えていたんだろう

「困った子ね」「済みません」  一斉に頭を下げる、七尾君と沙紀ちゃんとケイ

  池上さんは手を振って、おかしそうに笑った

「そうじゃなくて、彼の事よ」「ああ」「仲間内で、格好を付けているという事もあるんだろうけど」「いえ

あなたも好きかも:次郎吉 スロット
そんな話で済まされる問題じゃありませんっ」 壁に拳をぶつける沙紀ちゃん

 木之本君が顔を引きつらせて、彼女に向き合う

「た、丹下さん

ここは僕の部屋で、隣にも人が住んでるから」「あ、ごめん

大丈夫、まだ穴は開いてないわよ」「少しへこんだような気もするけど……」 「気のせい、気のせい」と笑って、その部分をつつく沙紀ちゃん