スロット はいふり

スロット はいふり

 角は更に反っていっているようだ

 体も若干だが大きくなり、茶色の毛の一部が徐々に濃い黒になり縞模様になっていった

 口から牙のような前歯が伸びてきているのも分かる

 いやな予感しかしない

 目が赤く血走ってきている

 次の刹那

あなたも好きかも:秋元司 カジノ
 目の前に何かが迫っていた、と見えたが次の瞬間には消えていた

 二つの獣の荒ぶる咆哮が響いている

 ウサギがこっちに飛び掛ると同時にヴォルフが横合いからウサギに攻撃を仕掛けたのだ、と分かった

あなたも好きかも:スロット dragon
 危なかった

あなたも好きかも:錦糸 町 ロシアン ルーレット
 ヴォルフは、と言えば、ウサギの首に噛み付いたまま振り回そうとしていた

 ウサギはウサギで、自分にもダメージがあるのもかまわず飛び跳ねている

 獣同士の命の削り合いだ

 フォース・バレットを撃てるよう準備するが、なかなか呪文を放つ機会が掴めない

 ヴォルフが一旦離れてくれないと間違って当たりそうで撃てない

 こちらの思考を読み取ったのか、ヴォルフがウサギが跳ねるのと同時にその牙を離した