ゴッドイーター ストーリー スロット

ゴッドイーター ストーリー スロット

『ロックがいてくれるの?、本当に嬉しい

それなら、お話がしたいわ、領主様の話をしましょう』『はい、かしこまりました、奥様

私も旦那様のお話が出来て、本当に嬉しゅうございます』ロックは魔術と賢者が残した薬剤で作ったシワの顔で笑みを浮かべて、喜んで"ピーン・ビネガー"の話に付き合う

カリンが引きこもるようになった後

あなたも好きかも:ルーレット 画像
夫であるピーンが丁寧且つ根気よく、亡くなった双子の片割れの事や、ロックに軽蔑されたかもしれないと思い込んだ、カリンの誤解を解く努力をする

努力の甲斐あって、ロックの軽蔑に関しては、彼自身がカリンと話し合って解決出来た

怯えきったカリンにロックは、痛ましい表情を浮かべて、自分の"恥"と思っている事を大切な人の妻に公(おおやけ)にする

《抑え込み、懸命にかくしておりますが、私は未だに旦那様がグロリオーサ様が友人という事に、気持ちを乱します

もし、2人話をにこやかにされたのなら、普通なら、気にするべきでもないことなのに、嫉妬で身を包まれたような気持ちになります

自分が身勝手で、思い込みをしているとわかっているのに、嫉妬をしてしまいます》ロックがグロリオーサに嫉妬している話を繕いなく、話した

あなたも好きかも:ドラクエ 4 カジノ ds
怯えたような顔をしつつも、"何も悪くない人に良くない感情をもつ"といった部分がカリンの琴線に触れ響くものがあったらしい

怯えきった顔をしながらも、執事に心を再び、ゆっくりと開いてくれた

ポツポツと、執事にピーンに嫁いで来た頃のように"頼りになる弟"といった具合に、自分の心に閊(つかえる)事を話し始めてくれた

最初の閊えは領主夫人として、その当時では"男"しか跡継ぎを認められていないのに、男児はバン1人しか産めなかった事