スロット あたり

スロット あたり

 加奈は、反町が危険と判断し、先に帰らせた

もちろん、加奈はわがままを言うことなく、むしろ喜んで帰宅した

「今ならどんな匂いを嗅いだって平気よ」 生美が目を据わらせると、「って言うか……臭覚、元に戻るやろか?」 と、一平が不安そうに呟く

「かのん、臭い?」「かなり臭いはずです」 華音に怪訝に問われた勝則は真顔で頷いた

 “作業終了”後、大事な物は鍵付きのロッカーに仕舞い込んで、部室の窓は半開きにしてドアを閉めた

誰も好きこのんであの部室に近寄ろうとはしないだろうが

 下校途中の生徒たちが近寄ろうとせずに逃げていく様を思い出して、弥生はため息を吐いた

「……家に入れてもらえないかも知れないですね」「お風呂に入って、この匂い、とれるんでしょうか?」 鈴菜が不安げに問うと、「無理かもな」と、達也は諦めの入った表情で首を振った

あなたも好きかも:スロット アプリ ジャグラー
 ――ワンボックス車の中

あなたも好きかも:バンダーブック ブラックジャック
 運転席の真里乃は、車を走らせながらグッタリしている

優樹に呼ばれてやって来たものの、校舎の方からドタタッ! と走ってきた彼らに異様な空気を感じ、「や、やめて!! 乗らないで!! 今夜石田さんに会うんだからー!!」 と、悲痛な叫びを挙げて乗車を拒否したが、虚しく却下された

 スコー、スコー、と、多美と剛はマスク越しからギュウギュウ詰めに乗っているみんなを見回した

「白川先輩の家も下見してきたんですけど」 多美の籠もった声に、「……さすが多美ちゃん」と、美代子が感心気味に呟く

「ちょうど道路沿いに庭があるんですよね

投げ込もうと思えば簡単に投げ入れられる距離ですし、容易いと思います」「カメラもなかった

バレない」 と、剛が続く