ff14 セフィロト ルーレット

ff14 セフィロト ルーレット

竜として生きることを決めた彼女には、竜と見紛うほどの鎧兜が相応しい

あなたも好きかも:済州島 カジノ ホテル
 無論、姿形ではなく、心の、魂の話ではあるのだが

 群青の龍鱗の鎧を纏ったユフィーリアのどこか誇らしげな姿は、彼の判断が決して間違っていなかったことを告げていた

 そんな幸福な日々も、長くは続かなかった

あなたも好きかも:地獄少女 スロット 一撃
「父よ、人間の軍勢がこちらに向かっているぞ」 ケナンユースナルの警告の声が、彼を呼び起こした

 何十年、いや、何百年にも及ぶ微睡みの日々がついに終わりを告げるときがきたのかもしれない

“竜の巣”は、かつてある人間によってワーグラーン大陸と命名された大地の遥か北に位置している

 人間が考えるには、ヴァシュタリア共同体と呼ばれる大勢力の勢力圏内であるのだが、無論、“竜の巣”に棲む竜のいずれもヴァシュタリア共同体なる組織の支配下にあるなどと想ってはいない

当然、ヴァシュタリア共同体も、ラムレスらを支配下に置いているなどと考えてもいなければ、考えようともしていなかったはずだ

“竜の庭”も“竜の巣”も、ヴァシュタリア共同体が相手をするには分の悪い存在なのだ

あなたも好きかも:リゼロ スロット 台選び
 いくら大陸北部の広範に勢力を及ぼすことができたとはいえ、それは相手が人間であり、人間の組織、国だったからだ

人間相手ならば、神の威光を用いればたやすく支配し、制圧することができただろうし、神の力を借りずとも、物量で圧倒することも可能だ

 しかし、“竜の巣”も“竜の庭”もそれぞれ竜王が収める竜属の拠点であり、数多の竜属が生息する地だ

ヴァシュタリア共同体がどれほどの兵力を保有していたところで、所詮人間を主戦力とする軍集団では、“竜の巣”、“竜の庭”を相手に対等以上に戦うことなどできはしないのだ