ポケモン プラチナ スロット 攻略

ポケモン プラチナ スロット 攻略

 たった1両の”怪物”が、虎の子のマウスやレオパルト2たちを蹂躙し、行動不能になるほどの損傷を受けていたにもかかわらず、あろうことか再び動き出し、ブレスト要塞を占拠した戦車部隊の後方から再び攻撃を仕掛けてきたのである

しかもその時は損傷を与えたものの、”怪物”は黒煙を発しながら強行突破を敢行し、テンプル騎士団の本拠地であるタンプル搭へと帰還していったのだ

 圧倒的な火力と防御力を誇るフランス製のシャール2Cに吸血鬼たちの戦車部隊は蹂躙される羽目になったものの、マウスを上回る防御力と火力を超重戦車に搭載した上に近代化改修を施すためには、下手をすればコストの高い空母やイージス艦に匹敵するポイントが必要になるため、性能ではマウスを遥かに上回っていたものの、吸血鬼たちのように超重戦車を大量に配備できるわけではないという事は火を見るよりも明らかであった

 実際に、テンプル騎士団が運用しているシャール2Cは、ブレスト要塞での戦闘に投入された段階では全ての拠点に配備されている同型の戦車は10両のみとなっており、30両以上も実戦投入していた吸血鬼たちのマウスよりもはるかに数は少なかった

あなたも好きかも:パールズ・オブ・アフロディーテ
ブレスト要塞で交戦した際に戦車部隊を蹂躙したのを目の当たりにしたタクヤ・ハヤカワによって、改良を加えた”後期型”が2両ほど増産されたが、その2両を実戦投入したとしてもマウスの数を遥かに下回っていたため、総攻撃を仕掛ければ脅威になる事はない

 それに、いくら分厚い装甲と火力を兼ね備えているとはいえ、”戦車”である以上は航空機や対戦車ミサイルを搭載したヘリが彼らの”天敵”である

相手の戦車を粉砕できる火力を持っているとしても、戦車は敵の戦車や歩兵と戦うことを想定した兵器であるため、はっきり言うと航空機との戦闘は”専門外”なのだ

 アクティブ防御システムを搭載しているとはいえ、迎撃するための弾薬を使い切るまで集中攻撃を続ければ容易く無力化できるのである

あなたも好きかも:tsutaya オンラインゲーム 2ch
 それゆえに、吸血鬼たちは圧倒的な性能を誇るテンプル騎士団の超重戦車たちを侮っていた

たった10両程度の鈍重な超重戦車が防衛ラインで攻撃してきたとしても、側面に回り込んだり航空機で集中攻撃を続ければ容易く鉄屑にできるのだと高を括っていたのである

 しかし――――――――最終防衛ラインで吸血鬼たちを迎え撃ったのは、テンプル騎士団が運用している全てのシャール2Cだったのである

あなたも好きかも:ドラクエ 11 スーパー ルーレット
 更に、タンプル砲によって放たれた地対空キャニスター弾によって航空部隊が大損害を被った挙句、テンプル騎士団の航空隊による攻撃を受けており、対戦車ミサイルで超重戦車を攻撃する余裕がない状態であった

 強襲殲滅兵による猛攻によって浸透戦術を頓挫させられてしまった吸血鬼たちは、12両の超重戦車たちによって蹂躙される羽目になってしまったのである

 多目的対戦車榴弾(HEAT-MP)によって擱座したM2ブラッドレーを押し退けて前進する巨躯から、猛烈なAPFSDSが放たれる

外殻を脱ぎ捨てた鋭い砲弾が堅牢な複合装甲へと喰らい付いた瞬間、その獰猛な砲弾は容赦なく装甲を抉って風穴を開け、砲塔の中にいた砲手と車長の肉体を串刺しにしていた

 マウスの砲身の付け根に2つの風穴を穿ったAPFSDSは自動装填装置を滅茶苦茶にし、圧倒的な攻撃力を誇る超重戦車から戦車砲(矛)を奪う

エイブラムスの正面装甲にすら風穴を開けるほどの破壊力を誇る滑腔砲を失ったマウスは後退を始めるが、そのマウスから”矛”を奪った4号車『ブルターニュ』が送信した情報を受け取った7号車『ノルマンディー』が砲塔を旋回させ、手負いのマウスに止めを刺す