ドラクエ7 スロット 77777

ドラクエ7 スロット 77777

「ちょっと時間がかかるかもしれないわね」「そうですか……」俺は何故かは知らないが、ホッとする

「でもね……」「私が二人も預かっている状態は、何か私が流れをせき止めさせられてるみたいで 気に食わないので、最初に預かった方を貴方たちに返すわ」と言うと、それを聞いたらしいネイサンが応接間の入口に手を引き、連れてきた体格の良い若い男を指さす

あなたも好きかも:スロット みなし機
その男を見て、俺は心臓が飛び出るほどビックリして声を裏返しながら、その名を叫んでしまう

「山口!!!!」髪は以前より長くて、患者服のような真っ白な布の服を着せられているが確かに山口隆哉だ

俺の親友で、櫻塚高校野球部のキャプテン

ナイスガイで勉強もできて、無頼を気取っているがその実、とても真面目で皆から好かれるスポーツマン

見つめたまま固まっていると、タガグロが不安そうに俺の手を握る

「知り合い……なん……?」「あ、ああ、元居た世界の親友で……」「……そうかぁ……」どことなく寂しそうなタガグロを気に掛けることすらできない

預かっていた一人と言っていたよな

あなたも好きかも:rpg オンラインゲーム 新作
ということは魔族国で手足を切り取られ、長い間保存液につけられて居たのは山口だったのか……

あなたも好きかも:パチスロ 鉄拳4
まさか、こうなるとは思わなかった

俺は山口に駆け寄って、話しかける

「おい!!山口、俺だ!!分かるか!!但馬だよ!!」ボーっとした瞳をこっちに向けた山口は「タジマさん……?僕は山口なんですか?」と呆けた声で俺に逆に尋ねてくる

俺はミシェルを振り向いて、無言で必死に見つめる

「……そゆこと

脳の損傷が酷すぎて、記憶が戻らないのよ」「山口も流れ人なんでしょう!?なんでですか?」「説明するわ

あとタガグロちゃんが寂しそうよ」ミシェルに言われて、不安そうなタガグロの顔に気づく

とりあえず、山口はネイサンに任せて、俺はすぐにタガグロの隣に座る