パリス ラスベガス リゾート & カジノ

パリス ラスベガス リゾート & カジノ

そのどれにも誰も答えなかった

ただ静かに真剣な眼差しで私を見つめながら会議に臨んでくれている

「全員参加という判断で良いのだな?」念入りに確認を繰り返したことで、ついに桐島君が立ち上がってくれた

《サイド:桐島亮平(きりしまりょうへい)》…死が確定した作戦か

そんなものにどれほどの意味があるのだろうか?誰だって死にたいとは思わないはずだ

生きるために努力をしていると言うべきか

だからこそ死が前提となる作戦など参加する意味はないのだ

…だから

あなたも好きかも:まどマギ スロット 次回予告
だからこそ俺達に選択肢はなかった

「仮にここを去った所で共和国が滅べば俺達に逃げる場所などありません

あなたも好きかも:エヴァ生命の鼓動 設定差
戦おうと戦うまいと、訪れる結末が死であるのなら、潔く戦場で散るつもりです

」共和国を守って死ぬことも

あなたも好きかも:初代鉄拳 スロット
共和国が滅んで殺されることも

どちらも同じ死であるのなら、全力で戦い抜く死のほうがまだ前向きだろう

この場に集まっている者達は共和国を守ることに命を賭けている者達ばかりなのだ

逃げて生き恥を晒すよりも、戦って死ぬことを選べる者達ばかりだ

だからこそ他国の魔術師ギルドに所属してまでも共和国の為に日々行動しているのだからな

「共和国に危機が差し迫る現状で逃げることを選ぶ者など一人もいません

皆、それぞれが守るべき『モノ』の為に命を賭けて戦い抜くつもりでいます」決して逃げはしない