パワフェス 2018 ルーレット 目押し

パワフェス 2018 ルーレット 目押し

いったいなぜそのような表情になるのか

公也としては謎に思い、そして気にかかる

その根源に何があるのか……まあ皇女という立場の彼女は色々と複雑な事情があるのかもしれない

皇国もいろいろあるのだろう

彼女が何者かに頼まれて裏の人間に殺されかけていたりするくらいだし

「とりあえずどうする? 別にいてもらっても構わないが、特にやることもないし見てるしかできないぞ?」「役立たずの立場を甘受するのです」「…………えっと、見ていることしかできないと思いますが、とりあえず……ここにいさせてもらいます」「そうか

なら椅子だけは用意しておく」 公也が異空間から空間魔法で椅子を取り出しアリルフィーラの近くに置く

そうしてアリルフィーラが見ている中公也とメルシーネの手によって建築の一作業が再開する

現在は建てる建物の柱を建てている

あなたも好きかも:スロット 鉄板
地面深くまで埋め込み動かないようにする支柱的なものを

公也自身あまり建築の仕方というものは知らないが、知っている知識を使いこれでいいか、これでできるか、いろいろ試しながらどうにか建物を作れるまでもっていく

うまくいくにしてもいかないにしても、なんとかなればとりあえずそれでいい

そんな考えで作業をしている

最悪ダメだったにしてもそれはそれで経験で、どうしてもできないのであればやはり頼みに行くのもあり、ともかくやれることをやってからという考えだ

後で直すことになってもそれはそれでいいとも思っている

何よりこの作業、資材も含め基本原価は零、公也やメルシーネがちょっと苦労するのと作業に時間が費やされること、そして彼らが集めてきた資材が消費されるくらいでお金的な問題もほかの人員の消費的な問題もない