ブラックジャック 連載期間

ブラックジャック 連載期間

あなたも好きかも:100枚ポーカー
そして、それに対して憎悪を燃やす人がいる

「まただよ!また、会話が通じてる!私の時は通じてなかったのに!」そう言いながら、握る拳には血が滲み、その血にすら狂気が宿ったかのように、魔術が満ちる

「これなら、お姉ちゃんでも見たことない、私独自の技能になる!『流血涙(レアルラット)』!」握りしめた血を手を振ることでばら蒔き、それを風魔術により広める

通常の思考なら、自身の体を魔術の触媒(材料)に、そして攻撃用の武器とはしようとしないだろう

あなたも好きかも:賞金首2 スロット
そして、お姉ちゃんほど優秀ならば、体を触媒に使うほど追い詰められることはないだろう

そんな二つの理由から、自分こそが初めての……つまり、お姉ちゃんから見てもらうに値するものであるという自負を持ちながらその魔術を発動させる

「見てなかった?……いや、見えていなかったことにした……」だが不幸にも、他でもないその『お姉ちゃん』が数日前に全く同じ系統の魔術を使っていた

あの戦場に間違いなく存在し、常にお姉ちゃん(アリス)に執着(妨害)し続けたという事実がある以上、それを視ていないはずがない

ましてや、あの姉狂い(リルトン)がアリスの蘇生現場を視ていないわけがない

それこそ、命を懸してでも見るはずである

ならば、何故『覚えていない』のか

あなたも好きかも:スロット 1日
その真実へと近付く思考は──「セリアの支援魔法(・)、制限が消えてる?お、なら……『追憶の世界(ロスト・ワールド)』!」幾度となく使われ、自由の代名詞とも、この世界に科学を持ち込むルール違反の魔法ともされる、片瀬花奈の十八番

これを耐え抜いた上で、徹底的に『敗北』を認めさせなければこの無駄な戦いは終わらない

それゆえに、正面からそれを叩き潰す

アリスはそんなことを思いながら、その掌にうっすらと滲んだ血を隠す

その血が滴る理由は、そのワケは三つある

一つは単純かつ、本人の行動によるもの

『異界転移の妄執』は多重の制限がかかってはいるものの、長距離転移魔法である

栄生の絶頂期である科学文明時でさえ、気軽に……つまり、最後の最後まで個人運用が不可能だった長距離移動だ