スロット ジャックと豆の木

スロット ジャックと豆の木

付け髭を握りしめているのがなんとも違和感をかもしている

 そして、姉上はまたユストと違った方向に、大変おおらかである様子だ

「珍しいお名前よね

あなたも好きかも:品川 区 スロット
言ってた言ってたぁ」 面白い話を聞いたみたいにきゃっきゃとはしゃいで答えるものだから

「それっ、なんで、そんな反応になんの⁉︎」 ユストはお手上げとばかりに床に崩れた……

もう駄目だといった感じ

「セイバーンってなかなか無い性よね

領地名と一緒ってちょっとびっくりしちゃったわ

あなたも好きかも:バカラ タモリ
 でもユスト、流石に私だって知ってるのよ? ここの領主様は、アルドナン様

レイシールさんじゃないってことは!」 どうだ! と、言わんばかりだが、ユストには衝撃にしかならないらしい

「親父からどう聞いてここに来てんの⁉︎」「薬物中毒の人がいるから行って来いって

本人の意思じゃないから無碍にもできんって、すごく渋い顔してたぁ」「……親父いぃぃっ」 どうやら姉上は、たいした説明もされずここに寄越されたらしい

「ユスト、じゃあはじめから、説明しようか」「そんなっ⁉︎ レイシール様の手を煩わせるなんていけません

俺がキッチリ言って聞かせてきます

暫くお時間をいただけますか⁉︎」「ちょっとユストこのかっこいい子……まさか偉い人?」 かっ、こいい……ですか? それは、どうも……

 でも「子」の括りなんだな……