ゴールドコースト カジノ ホテル

ゴールドコースト カジノ ホテル

 突入組が少数精鋭なのは、ナルンニルノル内部に残存する戦力が少ないこともあるが、突入組が大所帯では、さすがに対応されると判断したからだ

「獅徒の実力は、わかっている

問題は、神将のほうだな」「最悪、獅徒も神将も無視していいんですよ

獅徒も神将も、獅子神皇の眷属なんですから」「それは、そうだが……」「獅子神皇さえ討ち滅ぼすことができれば、それで我がほうの勝利は確定、というわけです」「そうなれば、いまはあちらについている連中も、交渉の席に着くだろうな」 とは、マユリ神

 女神が言及したのは、獅子神皇に付き従う神々のことだ

残すところ百四十名

獅子神皇が滅び去れば、さすがの神々も徹底抗戦の構えを見せる、ということはないだろう

あなたも好きかも:ハイチエイジェント カジノ
神々は、滅ぼすべき邪悪な存在というわけではないのだ

 中にはアシュトラやディナシアのような斃す以外に取るべき道のない神もいたが、多くは、ただ、致し方なく獅子神皇に付き従っているに過ぎない

 獅子神皇を滅ぼしたものが相手にいるとわかれば、神々とて態度を変えるだろう

あなたも好きかも:ワイルド・ワイルド・チェスト
「肝心の突入組ですが、当初は連合軍の中から実力者順に選ぼうと考えたわけです」「当初は?」「それでよくない? なにか問題でもあったの?」「それだと、こちらの勝率が限りなく低くなるそうで」 エインがバツの悪そうな顔で視線を向けたのは、アズマリアだった

あなたも好きかも:江原 カジノ
魔人は、いつにも増して冷ややかな表情で、セツナを見てきた

金色の瞳は、神秘性と幻想性を内包し、同時に類い希な魅力を秘めている

それをひとは魔力と呼ぶ

魔人に見つめられて正気を保っていられる人間などいない、というのが、世間の評判であり、それは概ね正しいのだろう

 セツナも、最初に逢ったとき、魔人に見つめられただけで気が狂いそうになったことを覚えている

「ナルンニルノルに待ち受けるのは、獅徒と神将、そして獅子神皇だ

それは理解しているな?」「だから、実力者順にしようっていうんだろ」「でも、そうすると勝率は低くなるんでしょ

どういうことよ」「獅子神皇は、神々の王