ブラックジャック 脳死

ブラックジャック 脳死

 エスクの手がシーラの頭巾に触れることはなかった

「あん?」「妻に手を出したら承知しねえっつってんだろ?」 恐る恐る顔を上げると、セツナの手がエスクの手首を掴み取っていた

わずかに震えるふたりの腕が、空中でせめぎ合っていることを伝えてきている

どちらも一歩も引かないまま、数秒あまりが経過した

あなたも好きかも:ヤフオク まどかマギカ スロット
エスクがはっとしたように表情を変えた

あなたも好きかも:ドラクエ11 カジノ 3ds ルーレット
彼の腕から力が抜ける

「……おおう、わりいわりい」 エスクが腕を引くと、セツナも手を元の位置に戻した

あなたも好きかも:時短 パチンコ 意味
シーラがセツナを横目に見ると、彼の目は鋭く研ぎ澄まされていた

エスクへの警戒を改めている

手元には黒の仮面があり、いざとなれば召喚武装を使うことも辞さないという彼の態度には、シーラも心強さを感じずにはいられなかった

セツナはこの酒場に入ってからというもの、頼もしいというほかなかった

惚れなおしているといっても過言ではない

それもこれも、シーラがシーラらしく振る舞えないことも大きいのだろう

守られているという実感がある