パチンコ akb 誇りの丘 セグ

パチンコ akb 誇りの丘 セグ

彼は、部隊長が集合するたびに、全員の意思を取り纏めようとした

しかし、部隊長間に位の上下はない

だれもが同じ神将配下の部隊長であり、同僚にすぎないのだ

あなたも好きかも:チェインクロニクル スロット エピソード
 だからこそ、ミルディは彼に対しても自分の意見を引っ込めるつもりはない

「そういうあんたは勝てると思ってんの? この戦力差で、こちらに勝ち目があるとでも考えているのなら、イカれてるとしかいいようがない」「ミルディ=ハボック! 口が過ぎるぞ!」「まあまあ、ミルディにはミルディの考え方がありますし……」「君はミルディに甘すぎる!」 ミルディの正直な感想には、さすがに他の部隊長も顔色を変えたようだ

食って掛かってきたのはソレス=サイラス

ソレスを宥めたのはフォルカ=ミジェット

あなたも好きかも:まどマギ スロット 初代 朝一
ほかにもミルディを睨んできた部隊長がいるが、口論したくはないのだろう

彼は胸の前で腕を組んだまま、黙りこんでいた

あなたも好きかも:伊勢 佐 木町 パチンコ
 もちろん、部隊長が全員揃っているわけではない

二十人の部隊長の内、室内にいるのは半数以下だ

ほとんどの部隊長は持ち場で待機しているはずだし、ミルディたちもこんなところで油を売っている場合ではない

 もっとも、ミルディたちがここにいるのは持ち場が近いこともあったし、ついさっきまでセロス=オード神将の下、益体もない軍議が開かれていたからでもある

「ミルディ=ハボック

君は悲観的に過ぎるのではないか?」(あんたらが楽観的に過ぎるんだよ) 吐き出しかけた言葉をぐっと飲み下し、ミルディはジェイドの顔を見た

全身が筋肉でできたような大男は、見た目通りの人物ではない