パチンコ 懐かしい 名機

パチンコ 懐かしい 名機

「よしっ、いいぞっ」「あ、うんっ」 遠くではっきりは見えないが、矢田局長がすごい喜んでいるのが分かる

 決して上手いシュートとはいえなかったけど、彼にとってはそのくらい価値があったのだろう

 見ていてあまり運動が得意そうに見えなかったし、今日初めて彼が決めたゴールだ

 ああいうのを見ると、矢田局長を見る目もちょっとは変わってくる気がする

「兄貴ー、俺にもパスをー」 そんな感慨をよそに、ふざけた口調が聞こえてきた

 ゴール下で手を振るケイだ

あなたも好きかも:パチンコ 台 買取 店
 やってる事はやってるんだけどね

 ショウは振り向く素振りさえ見せず、矢田局長の方へ走っていく

 そして女の子達の歓声で、ショウ達の会話はもう聞き取れない

「恥ずかしいな、もう」「確かに……」 さっきケイを褒めていた沙紀ちゃんも、呆れて首を振っている

あなたも好きかも:スロット 夜勤病棟
「基本的に馬鹿なのよ、馬鹿」 サトミの言葉に頷く私と沙紀ちゃん

あなたも好きかも:大山 観光 パチンコ
 そんな事を言われているとも知らないケイは、やっとショウにパスをもらってドリブルを始めた

「雪野さーん、順番来たわよー」 え、何が

「早く来なさいー」 先生も手を振っている