バカラ トランプ

バカラ トランプ

――卑しい情けない娘だと思われただろう

 夜、面会時間も終わり、加藤が帰ったあと、また眠ってしまった優樹の傍に反町は留まろうとしたが、それを保宅に怒られ、彼はどうすることも出来ずに帰宅した

あなたも好きかも:郡山 パチンコ 口コミ
 そして翌日、朝一番に病院にやってきた反町は、その足ですぐに優樹の個人部屋を尋ねたのだが……「優樹ちゃん? うん、来たよ」「ホントかっ? いつっ」「えーと、七時過ぎくらいかな」 加奈の個人部屋――

彼女は一週間程の検査入院が決まってしまった

 挨拶もそこそこに、病室にいなかった優樹の居場所を探るためやって来た焦る反町に、朝食前の加奈は身支度を終えて苦笑した

「なあに? いなかったの?」「……ああ、……いなかった」「ひょっとして、相川君のトコかなあー……」 独り言にしては声も大きい

 心配して戸惑っていた反町は、視線を上に向けてわざとらしく呟く加奈にじっとりと目を据わらせた

「……そう言ってたのか?」「行くとは聞いてないけど、病室がどこかって聞いてきたから

弥生ちゃんの病室も」「……

ちょっと行って来る」「ドアに鍵が掛かってないといいけどねー」 にっこりと笑いながら手を振り見送る加奈を睨み、反町は足早に相川の病室へ向かった

見舞いのつもりはないし、相川自身も見舞いに来られたとは思ってなく、すぐに優樹の捜索だとわかったのだろう、背を起こしたベッドにもたれた格好で不快げに目を細められた

あなたも好きかも:にんじゃガイデン スロット
八時前くらいに」「……、で?」「で、ってなんだっ? で、って!」 相川は睨む反町を睨み返し、恨めしそうに身を乗り出した

あなたも好きかも:茨城 守谷市 パチンコ店
「昨日はよくも仲間外れにしてくれたなっ」「で? 優樹となんの話しをした?」「なんのっ? ずーっと謝ってただけだっ!」 相川は眉をつり上げ、腕を固定されて動けない体で反町に向かって「えい! えい!」と空気を蹴る

「先輩が謝る事じゃないのにっ! クソ部長のせいなのにっ!!」 しつこく足を伸ばして蹴ろうとするが、距離があるため全く届かない