黄門 ちゃ ま パチンコ やめ どき

黄門 ちゃ ま パチンコ やめ どき

「なぁなぁ、できるだけ、一緒おろーよー」と椅子を近づけて、寄り添ってくるタガグロの柔らかい肩を抱いていると少し、落ち着いてくる

今聞いた話を言おうか迷っている間に時間が過ぎていく

タガグロは幸せそうだ

「なぁ」「なになに」「だいぶ前にやろうとした視察がさ

中途半端だっただろ

三段目と二段目の」「行く?ミサキちゃんも誘う?」「いや、二人だけがいいかな」「ふふ

あなたも好きかも:パチンコ yakumono
付き合い始めてから初デートやね」「行こう」立ち上がる

立ち上がることが出来た

大切な仲間が居るってありがたいことだな

と思いながら俺は食堂を二人で出る

裏庭でゴンドラを呼び、相変わらずの花柄の内装に苦笑いしながら乗り込んで、モーラの屋敷まで移動する

あなたも好きかも:パチンコ マジェスティックプリンス 単発
庭の中央に着地したゴンドラを見て、駆け寄ってくる執事やメイド達に丁寧に挨拶して少し、温かくなってきた陽気を感じながら、庭を歩いて行き屋敷内のモーラに挨拶をして事情を話して、すぐにモーラが用意してくれた御者付きの屋根のあるオープンカーのような馬車へと乗り込む