パチンコ 海物語 1円

パチンコ 海物語 1円

 魔王(元)は、笑っているかのような声音で一言

【オーケー

任せときな】 ──刹那、ライを取り巻く渦が更に深くなり、更に黒くなる

 身体中を高速で血が駆け巡る

煮え立つような、近付く者触れるモノ全てを葬ってしまうような危険な気分だ

あなたも好きかも:まどかマギカ叛逆の物語 スロット 穢れ
 レヴィアタンはライの様子を見て何かを感じたのか、それとも気紛れか、頭をゆっくり持ち上げた

「やっと動いたか……レヴィアタン……」 それを見たライはどちらにせよ、ようやく動いてくれた事へ苦笑を浮かべて言った

 そして言葉を続ける

あなたも好きかも:調布 裏 スロット
「今度はどうだァ!! レヴィアタンッ!!」 魔王の力を六割纏ったライは拳をレヴィアタンに向けて放つ

あなたも好きかも:ブラック ジャック カード カウンティング
 拳を動かした衝撃と爆風によって、とてつもない轟音と粉塵が巻き起こり、海底廃都市の残骸が吹き飛び──『…………!!』 ──次の瞬間、レヴィアタンが鈍い音を立てて……『吹き飛んだ』

 レヴィアタンが持つ巨躯の身体と、武器を通さない無敵の鱗ごと吹き飛ばしたのだ

 レヴィアタンの持つ頑丈な鱗には、金属が拉《ひしゃ》げるような音が鳴り響き、レヴィアタンは吐血する

 果たしてレヴィアタンに内蔵があったのだろうかと疑問に思うところだ

『キュルオォォォ!?』 レヴィアタンは一瞬何が起こったのか分からず、初めて咆哮以外で声を上げる