mb スロット

mb スロット

こういったものを作っている人間がいるのは知っているが、それらがどのような価値を持っているのかは知らないのである

「発動を安定化させるってことはあれか、なんかでかい術を発動させるときとかの道具なのか?」「近いけど違うわね

方陣術って体とは別の物体に魔力を注いで発動するでしょ?どうしても周囲の影響を受けやすいのよ

体そのものなら制御できる魔力が体の外に出ちゃってるわけだから」「ふむふむ・・・それで?」「方陣術は魔力を注いですぐに発動するってことは稀なのよね

ある程度放置しておいて特定の条件がそろったら発動するとかそういうこと

それだけ長い間放置するのに魔力がほかの影響を受ければちゃんと発動しないこともあるのよ」「・・・でもベルは前使ってた方陣術は普通に発動してただろ?」「そりゃちゃんと発動できるように訓練したもの

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 夜の見滝原
所謂方陣術の初心者用の道具と思ってくれればいいわ」「へぇ・・・でもここの人って結構な歳だったんだろ?初心者っておかしくね?」「不安定になるのは技術が足りないか、注いだ魔力がかなり多いか、あるいは周囲の環境が特殊か・・・まぁ他にもいくつか理由はあるけど、ここの人の場合結構な魔力を注いでそれを安定化させたかったんじゃない?」初心者から玄人まで使える道具ということはわかったが、それにしてもこんな独創的な形じゃなくてもよいのではないかと思えてしまう

一般人をだますのであればこういう特徴的なものの方が芸術的な置物か何かと勘違いしてくれると思ったのだろうか

あなたも好きかも:三洋 スロット
「あんたもこういうのを使えば方陣術が上手く扱えるんじゃないの?確かまだ使えなかったでしょ」「いいんだよ、とりあえず壊すことはできるんだから

まぁ使えたほうが戦略は広がるんだろうけど・・・」康太はまだ満足に方陣術を扱うことができない

あなたも好きかも:パチンコ 冬のソナタ 初代
一応一番練度の高い分解の術であれば方陣術で発動できる程度にはなってきたが、術式の書き込みが非常に非効率なのである

文ならば十円玉程度の大きさにまとめられる術式が、康太はA3用紙すべてを使わなくては書き込めないのだ

単純に繊細さや技術の違いなのだが、方陣術に対する訓練不足というのが原因の一つである

小百合が施した方陣術の訓練はあくまで破壊のために培っているものだ

小百合自身が実戦であまり方陣術を使わないせいか、方陣術に対する指導はかなり大雑把なものが多かったのだ

康太自身も体を動かし、体を使って魔術を発動するほうが得意であるためにほかの物体を使って魔術を発動するというのはなかなかコツを掴めず苦労しているのである