天神橋筋六丁目駅 スロット

天神橋筋六丁目駅 スロット

 遠雷のような響き

 それが止んだ頃に落下物も絶えた

 小川から誰かが立ち上がる

「ここは、何処だ?」「……あ、貴方は?」 シスターは震えながら問う

あなたも好きかも:青鬼 ベース スロット
 誰よりも先に小川から立ち上がるのは、銀髪の少年だった

髪を指で掻き上げて水分を払い落としつつ彼女を見た

 腰に奇怪な剣を佩いている

 眼光の鋭さに思わず身がすくむ

 シスターは萎縮する

あなたも好きかも:パチンコ 当たりやすい 店
 その様子から怯えを察して、少年は胸前で手を振った

「驚かせて申し訳無い、俺は――」「シスター!」「どぶっ」「え……?」 銀髪の少年が突き飛ばされた

 河に倒れる彼を踏み越えて、小さな影たちが躍り出る

一斉にシスターへ飛びかかり、首筋や胴に抱きつく

 突然のことに面食らって

 しばし茫然自失していたが、やがて体を包む体温たちの正体を悟って抱き返した