川崎大師 ぱちんこ

川崎大師 ぱちんこ

なんで秘密裏に探そうとしているんだ」「禁忌が記された本の存在が明るみに出れば、欲する者達も出てくると危惧されているのです」「マーヤさんには本部から本の存在を説明されているんじゃないのか」「……そうでした」 ぽんと手を叩くラクラさん

午前中の社交辞令の労力を返せこの野郎

こちとらやり手の刺客が来たつもりで応対してたんだぞ

あなたも好きかも:バイオハザード7 スロット 5ちゃんねる
「ああ、でももしマーヤ様が本を隠しているのだとしたらっ!?」「そうだとして、隠しているのは変わらないだろ

あなたも好きかも:モンハン スロット リセット
むしろ宣言した方が動きを封じられるだろ」「……なるほど」 ぽんと手を叩くラクラ

こいつを任命した奴は誰だっ!? そいつに策略を考える資格はねぇっ!「はぁ……もう寝る」「そんなっ、手伝っては下さらないのですかっ!?」「さっき自分のした事思い出そう

な?」「それは忘れてください

忘れましょう」「絶対忘れてやんねぇからな!?」「なんだか言葉使いが乱暴になってきてませんかっ!?」「余所行き用の態度ってのは、使うべき相手に使うものなんだ」「うう、尚書様は素敵な方だと思っていましたのに……」「それはどうも

ラクラも素敵だったさ、さっきまでは」「本心が突き刺さって痛いですっ!」「全く……分かった分かった

『本を探す手伝い』はしてやる

あなたも好きかも:スロット 7のつく日 東京
それで良いな?」「本当ですかっ!? ありがとうございますっ!」 その本を既にマリトが所有していると言う情報を共有するつもりはないのだが

 流れでうやむやになったが『本のことを知っているか』と言う質問への答えははぐらかせた

「あ、ところで本について何か知っていませんか?」 そうでもなかった

つくづくこちらの思いを裏切ってくれる女だ

「逆に本について聞かせて欲しい

見た目とかの情報はあるのか?」「ええと、古びた本で見たことのない言語で表題が書かれているとか」「中身も?」「はい

簡単には解読できないそうです」「ターイズではそういった本は読んだことがないな」「そうですか……」 セーフ、一瞬迷った

表題なら既に見たことが何度かある

だが中身はまだ読んでいない