ビビット スロット

ビビット スロット

「音楽の周りの障りは案外根深いからね

そう言えば、ネアが名前を貰ったのは、森の女神だったっけ?」「そうだよ

あなたも好きかも:梅田 クラブd スロット
…………神という規格は、人間独自のものだね」淡く微笑んでそう呟いたシルハーンに、小さく唇の片端を持ち上げる

神という文化や規格を持つ土地は、ウィームには存在しない

それは、どんな生き物をも、有りのままに受け入れた国風がそうさせたのだ

特に神という歪な称号を押し付けられやすい魔物は、最初から自分を悪しきものだと言っている

強欲で我が儘で、残忍で冷酷なのだと

時には深い愛情を注ぐとしても、それは自身の欲求に過ぎない

だから、この土地の人々はあるがままに、そう名乗った魔物を、ただの魔物と呼ぶ

(僕も時々、塩の神だとか言われたりするけれど、その呼び方は嫌いだなぁ…………)神という表現は、人間達が様々な生き物を信仰という雛形に無理やり押し込める為の、窮屈な言葉だ

あなたも好きかも:スロット 福岡市
そんな呼び名から生まれたものもあるので、その種だけを神と呼べばいいだろうに

とは言えごく僅かに、その行いが理不尽で残酷なものであれ、全てを自然の巡りとして受け容れるという思想を持つ民にも使われる

彼等の呼び方であれば、悪くはない

最近、アイザックが気に入っている人間は後者にあたり、あの欲望の魔物に見たことのないような表情をさせているらしい

個人的には、アイザックが、ネアやエーダリアに食指を伸ばさずほっとしている

「神ねぇ…………

そちら側にも、そんな言葉があるんだね」「あちら側を覗いた時にはそのようなものは感じなかったけれど、私には知覚出来ないような存在がいた可能性もある