偽物語 スロット 曲 解放

偽物語 スロット 曲 解放

「これは、フィンライト卿

も、申し訳ありません

嬉しくて、つい……」「まあ、セツナ殿とレム殿が味方になってくれたことが嬉しいのはわかるし、はしゃぐのも理解するけど、まずはお二方の疲れを取っていただくことが先決でしょう?」「疲れ……ですか?」 セツナがきょとんとすると、ルヴェリスは柔和な笑みを浮かべた

あなたも好きかも:パチンコ 豊丸 crナナシーゲットf
「あなたたちが滞在中、身柄をうちで預かるって話よ」 彼の説明に納得したセツナだったが、フロードが疑問の声を上げた

「フィライト卿のお屋敷で、ですか?」「なによ?」「いやあ、世話役を仰せつかった以上、わたくしの家に起こしいただくものだとばかり」「なんでそうなるのよ

あなたも好きかも:9日 スロット イベント 東京
あなたはともかく、ふたりと、あなたの家族が困るでしょ」 ルヴェリスがセツナとレムを順に見て、フロードに視線を戻す

フロードはしかし、困った様子も見せない

あなたも好きかも:パチンコ 遊戯 ギャンブル
それどころかみずからの胸を叩いて、意気揚々といってのけるのだ

「いやいや、我が妻と娘ならば、必ずやセツナ殿、レム殿を歓待してみせますぞ」「……そういえばあなたの家族、みんなそんなだったわね」「そんな、ってどういう意味ですかな?」「そのままの意味よ」 ルヴェリスは、フロードの質問にあっさりとした返事を投げると、セツナを一瞥してきた

流し目に色気がある

「さ、セツナ殿、レム殿、行きましょうか」「あ、はい」 通路を歩き始めたルヴェリスの後に続くべく、レムの車椅子を押す

すると、レムがフロードを振り返った

「フロード様、色々とありがとうございました」「セツナ殿、レム殿、フィンライト卿の手にかからないよう、お気をつけを!」「まったく、なにいってんだか」 ルヴェリスにとってはフロードの軽口など聞き慣れたものなのか、無礼極まりない発言であるにもかかわらず、笑って済ませた

ルヴェリスとフロードの仲の良さによるところが大きいのだろうが、ルヴェリスならばこのような寛容な対応をしても不思議ではないと想えた