パチンコ ホラー

パチンコ ホラー

「それはそうかもしれないけれど、敢えて言わせてもらえれば、ピーチのときみたいにならないかな?」 その考助の言葉は、ある意味でピーチの過去を抉るものであった

 ここでその過去を出したのは、ピーチとミクのことを考えてのことだった

 ピーチが過去のことを引きずっていて、ミクに触れさせないようにしていたように感じられたため、考助にとっても賭けではあるが敢えて言葉にしたのだ

 案の定、ピーチは顔を小さくひきつらせたが、大きく深呼吸をしてから答えた

「そうかもしれません」「いや、ゴメン

別にピーチのことを責めているわけじゃないんだよ

あなたも好きかも:まどマギ 杏子 スロット
ただ、ふと思ったんだけれど、ピーチはミクの力のことを誤解しているんじゃないかなって」 その考助の台詞に、ピーチは目をぱちくりさせた

あなたも好きかも:パチスロ 岩手
「どういうことですか~?」「これはあくまでも予想だけれど、ピーチとミクの魅了の力は、その質が違っているんじゃないかなって・・・・・・思ったんだけれど?」 言っている途中で自分でも不思議に思ったのか、考助は途中で首を傾げた

 いま考助が言ったことは、あくまでも感覚的にそう感じただけで、なにか根拠があってのことではない

 そんな考助の言葉を聞いたミツキが、珍しいことに口を挟んできた

「それはあるかもしれないわね」「ミツキ?」「覚えているかしら? ピーチのときはヴァンパイアの影響があったからこそ、里では封印ができなかったこと」 ミツキのその説明に、考助やシュレインが頷いた

あなたも好きかも:パチスロ 業界 の 噂
 それを確認してからさらにミツキが続ける

「でも、少なくともミクは普通に過ごしている分には、封印がきちんと上手くいっているわ

つまり、その時点でピーチとは質が違うと言えるのではないかしら?」 ミツキがそう言うと、他の面々はアッという表情になった

 すっかり忘れていたが、ミクの場合はピーチと違って、ストリープを演奏していないときはミツキが言う通り封印が上手くいっている

 そう考えれば、考助が言っていたピーチとは魅了の質が違うということは間違いではないのである

「なるほどね

ということは、やっぱり人前で多く弾かせて、場数を踏ませる方がいいということかな?」「そうかもしれません