デュアルストーリー スロット

デュアルストーリー スロット

相手には全く不満はない

だが文は自分自身に不満を抱いていた

あなたも好きかも:パチンコ 大工 の 源 さん 外伝
文は康太と一緒に行動しているとどうしても自分のほうが劣っているのではないかと感じてしまうのだ

康太は確かに魔術の技術や知識では文に劣るし、康太にできないことを山ほどできる

だが事件などが起きた時、依頼などを受けた時にその核心に至る道筋を見出したり、解決に導いたりするのは何時も康太なのだ

自分ができるのはいつもフォローだけ

康太が動きやすいようにしているだけのように思えるのだ

あなたも好きかも:パチンコ 三井所
そんな自分が康太と対等といえるだろうか

すでに協会からの評価もかなり差が開いている

対等な同盟を組んでいるというのに、魔術師としての実力も経験も自分のほうが上なのにこの差は何だろうかと、文は自分が情けなく感じることがあった

「ふむ・・・フミはコータのようにいざというときに瞬発力があるタイプではないからの・・・安定して実力を発揮できるアベレージヒッターのような印象を受ける」「それじゃあ康太は一発屋って感じ?」「そうだの、いざというときにドカンと一発当てることがあるから周りからすれば高い評価を得たりすることもあるかもしれないが、はっきり言ってそんなものは長期的に見れば魅力ではない

テレビの芸人でもそうだろう?一時期はやってもそのあと飽きられればおしまいだ」「・・・あんたどんどん俗世に染まってきてるわね・・・芸人が出るようなテレビなんて見てるの?」「もちろんだ

あなたも好きかも:コーエーテクモ オンラインゲーム
現代における娯楽は網羅する予定だぞ?まだまだ時間はかかるがな」時間などあまりまくっているアリスからしても、この世の娯楽という娯楽を楽しんでもまだ時間は足りないだろう

それだけ人間の娯楽に対する欲求や意欲は高いのだ

一言娯楽といっても種類は山ほどある

それこそ人生を何回やり直しても足りないくらいなのだ