パチンコ 正月明け

パチンコ 正月明け

 けれど

あなたも好きかも:カミュ ミッシェルロイヤル バカラ
 鷺花の伸びた腕よりも先にまでは踏み込めない

 そもそも、最初から側面へ動こうとするための、力の移動における僅かな停止時点で銃口はもう兎仔を捉えていた

「く……」「はい、じゃあ銃口から逃げてみなさい

五分あげるわ」 逃げられるはずもないのに、時間をやるのは鷺花が教官だからだ

 そもそも、一手という感覚が違うのだ

極限の状況下では脳のリミッターも外れるので一秒すらコマ送りに見えるのだが、そうしたものを意図的に引き起こせなければ鷺花の領域にまではこれないし、そもそも引き起こさなくてもできる

 腕を上げる、銃口を向ける、それを一手とは捉えない

鷺花にとっては肩に力を入れる、肘を動かす、動かしながら手首で照準を考え、相手の行動範囲を狭めつつ誘導しながら指先に力を入れ、照準と同時に撃つ

あなたも好きかも:バスタビット 攻略
 動き始めから発砲――弾はないからやってはいないが――まで、およそ八手

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ セグ
もちろん思考はまったく別だ

兎仔の行動を読み取りながらいくつものパターンを思考しつつ、そこから攻撃手段まで選択しているのだから呆れるしかない

もっとも、朝霧のような手数の多い相手でも同じことはしていたが

「――はい五分

これ以上は嫌よ、汗が出そうだもの」 ほぼその場から動かず、くるくると躰を回転させるだけで銃口を外さなかった鷺花は、そこで終わりをつげ、銃把を兎仔に向けて差し出した

それを、やや息を切らせた兎仔が受け取る

「動きは悪くないんだけどね

そんなんじゃ、いつまでたっても私は追い抜けないわよ

じゃ――おやすみ