パチンコ 軍団 排除

パチンコ 軍団 排除

「元はといえば、ご主人様が悪いのでございます」「なんでだよ!」「御主人様が若くてぴちぴちした女の子と遊び回りたいと仰られるから」「だれがそんなこといったよ、おい」「せえええつうううなああああ……!」「だから怖えって」 セツナは背後を振り返って、告げた

実際、ミリュウの声は、怖気が走るほどにおどろおどろしく、真に迫っているといっても良かった

彼女がいつのまに背後まで迫ってきていたのかはわからない

おそらく、ラグナやウルクに気を取られている隙を付かれたのだろう「たしかにあたしは若くなんてないけど……セツナへの愛情はだれにも負けないんだから!」「あ、ああ……」 ミリュウに抱きすくめられて、セツナは生返事を浮かべた

こうなる未来は見えていたが、止めようがなかった

あなたも好きかも:富士 吉田 パチンコ
ミリュウが妙に思いつめられたような表情をしていたからだ

あなたも好きかも:鬼武者 スロット 時空天翔
以前、レムが女性がセツナの弱点だといった意味が、痛いほど理解出来だ

確かに、弱点かもしれない

「ああっ、ミリュウ様だけずるい!」「セツナはわしのものじゃ!」「なんでドラゴンのものなんだよ!」「隊長、いまこそアバード人魂を見せつけなよ!」「任せろ! ってなんでそうなんだよ!」「セツナ、外敵はわたしが打ち払います」「敵じゃねえし!」 てんやわんやの大騒ぎの中、セツナは、エスクがにやにやとこちらを眺めているのを認めた

彼らだけは、執務室の騒ぎに入り込んでこなかったのだ

「まったく、うちの大将はいつももてもてだな」「英雄ですから」「それもそうか

ま、悪くはないさ」「はい」 などという会話は、シドニア戦技隊長とその副長によるものであり、セツナは、エスクを睨んだ

「見てないで助けろよ!」「やですよ」「なんだと!?」 セツナは愕然とした

まさか、あっさり断られるとは思ってもいなかったからだ

いくらなんでも即断即決が過ぎた

たとえエスクが根っからの皮肉屋で、セツナにも従順ではないとはいえ、逡巡くらいはすると考えていたし、その迷いの時間がセツナにとっての助けとなるはずだったのだ